牛肉の正しい保存方法を知りたい!おいしさ保てる冷凍保存や保存期間など

上質な牛肉が安価で手に入ったときは、ついつい買いだめしたくなりますね。
しかし買ったはいいものの、やはり全部食べ切れないまま消費期限がきてしまうと、冷凍保存にするしかありません。

冷凍保存といってもただ単につつんで冷凍では芸がありません。
新鮮なまま、味もそのままで保存してこそ望ましい冷凍保存方法ですね。

では、どのようにすれば解凍後もおいしく食べることができるのでしょうか。

gyuniku5_1

 牛肉の正しい冷凍保存方法

  • 赤い色の汁(=ドリップ)をペーパータオルなどできれいにふきとる
  • 空気が入らないようにきっちりラップで包む
  • 可能ならなるべく、下味をつけて冷凍する
    ※日持ちをよくさせるため
  • 固まりのまま冷凍するのは避け、なるべく小分けにして冷凍する

とにかく、急速に冷凍することでうまみをギュッと閉じ込めてしまうのがコツ!冷蔵庫の開け閉めなどで庫内の温度は常に変化してしまいます。このような環境は急速冷凍の敵です。

夜寝る前など、今日はもう冷蔵庫も冷凍庫も開けない!という時点で一気に冷凍してしまいましょう。

牛肉をおいしいまま保存出来る?ポイントは真空!

牛肉の保存方法奮発して美味しい牛肉を買ったり、ギフトで誰かから牛肉をプレゼントされたらうれしいですよね。

でも牛肉の保存方法で悩んだ事ってありませんか?保存方法を間違えて適当に保存してしまうと、せっかくの上質の肉が台無しになってしまうことがあります。

冷蔵庫で鮮度をキープしながら保存するためのコツって何でしょうか?大事なポイントは「真空」です。具体的な方法を伝授しましょう!

空気に触れさせない

まず新鮮な保存方法の大前提となるのは「肉が空気に触れないようにすること」です。

牛肉が傷んでしまう大きな原因は細菌です。そして細菌は空気に触れることで繁殖してしまいます。ですから繁殖を防ぐためには、出来るだけ肉と空気との接触を避けることが大事です。

塊が一番

 
牛肉の保存方法
では肉が空気に触れるのを減らすためにはどうしたら良いでしょう?ポイントの一つは肉を塊の状態で保存することです。

塊なら空気に触れる面積が少なくて済みます。一方細かくスライスした状態で保存すると、同じ量でも断面が増えて空気と接触する面積が大きくなってしまいます。ですからすぐに使う予定がないのなら、無駄にスライスしないで、塊のまま保存するようにしましょう。

真空でチルド室

もう一つのコツとしては、保存する場所と保存容器です。

冷蔵庫で保存する場合は、まずパックからお肉を取り出します。また余分な水分をキッチンペーパーなどでしっかりと拭き取りましょう。

その後ラップでしっかりと包んでから、ジップロックの密閉できる容器に入れます。その時に中の空気をしっかり抜いて真空のような状態になるようにしましょう。

牛肉の保存はだいたい5℃を下回るくらいがいいと言われているので、チルド室で保存するのがベターです。

牛肉は保存食にも出来る!おいしく冷凍する方法とは?

牛肉の保存方法牛肉はチルド室だけでなく冷凍保存することもできます。ただしチルド室の場合とは少し保存方法に違いがあります。

冷凍庫を使っておいしく牛肉を保存するコツを3つ取り上げたいと思います!

水切りをしっかり

牛肉の鮮度を保つためには水分を出来るだけなくしておくことも大事です。

牛肉を腐敗させる細菌は水分によっても増殖するからです。

買ってきた牛肉にもし水気が多くある場合は、しっかりと水気を切るようにしましょう。そしてキッチンペーパーで水分を拭き取ってあげましょう。その後ラップでまいて冷凍バッグで空気を抜きます。

冷凍時はスライス

肉の保存方法どんな大きさで保存するかですが、冷蔵の時と違って冷凍する場合はスライスしておくのがベターです。通常塊の状態だと細菌によるダメージが少ないのは確かですが、冷凍する場合は塊のままだと、肉の中心部の方までしっかりと冷凍されにくいです。また肉が厚めだと冷凍するのに時間がかかってしまいます。ですから少し薄めにスライスして冷凍するのがオススメです。

小分けにする

最後のポイントは、小分け保存にすることです。

何回分もの量をまとめてしまうと冷凍バッグやラップを外すのが面倒ですし、不必要に触ってしまうことになります。でも1回分ごとに小分けして保存しておけば後で使いやすくなります。

牛肉の賞味期限はどれくらい?冷蔵と冷凍での比較はこちら!

ところで牛肉っていったいどれくらい賞味期限があるんでしょうか?すぐに使ってしまうのなら問題ないですが、使うまでに少し時間が空いてしまう場合は気になりますよね。

賞味期限について注意すべきことと、冷蔵保存と冷凍保存をする場合の持ちの違いについて解説します1

常温保存はNG!

牛肉の保存方法牛肉はどんな季節でも絶対常温保存はしないでください。

「夏はダメだけど気温が下がった冬なら大丈夫」と考えてはいけません。雑菌が繁殖して傷みが早くなってしまいます。劣化して黒ずんだりすれば、味がどうこうではなくお腹を悪くしてしまうかもしれないので注意です。

冷蔵保存は肉の大きさによって異なる

冷蔵する場合は保存の仕方によって賞味期限が変わってきます。もしある程度の大きさの塊で保存する場合は5日ほどで消費するようにしましょう。

スライスしたのなら3日程度持ちます。ひき肉にしたのなら当日中に使ってしまうか、せいぜい1日ほどを目安にしましょう。ただこれは大まかなイメージです。購入した肉のパックに表記されている賞味期限を守るのが優先なのできちんとチェックしましょう。

冷凍は2W~1ヶ月

冷蔵する場合は肉の賞味期限はもう少し長くなります。冷凍保存の場合は2週間から1ヶ月ほど保存が可能です。

ただ注意したいのは冷凍焼けです。長い日数冷凍保存すると、食材の風味や色などが劣化してしまうことがありますが、これを一般に冷凍焼けといいます。

これが起きると肉質が変化してしまう可能性があります。ですからMAXまで保存しようとせずに、出来るだけ早めに食べておいしくいただくようにしましょう。

最高級和牛がお手頃で買える和牛専門店のランキング
おいしいお肉のお取り寄せ&通販