鶏肉の効果は健康やダイエットにも!栄養について解説

鶏肉の栄養や効能を教えて!

鶏肉は、マグロ、カジキマグロなどの青魚系と似たたんぱく質の成分を持っています。そんな理由でマグロやカツオの缶詰はシーチキン(海の鶏肉)という名前がついています。

鶏肉を食べると魚を食べるのと同じような脂質を体内に吸収することができます。青魚が苦手という人はぜひ食べておかなければ!ですね。

鶏肉の唐揚げ

 鶏肉の栄養や効能はどんなものがあるの?

  • 滋養強壮に効果的
  • 足りない栄養を回復してくれる
  • 貧血を防止する

これはかなり魅力的ですね。鶏肉はコラーゲンが豊富で、体を健康に保つための成分がいっぱいです。また、若鶏のモモ肉よりは、成長したモモ肉のほうがよりたくさんの鉄分が入っています。

またこの鉄分を効率よく摂るためには、酢やオレンジなどのビタミンCを用いてさっぱりと煮るか(例 鶏肉のオレンジ煮など)、から揚げにするのがいいですね。女性はぜひ食べておきたい食材ですね。


風邪の時は鶏肉が効く?効果的な成分とは?

鶏肉 ダイエット
風邪をひいた時の食事といえば消化のよいおかゆやうどんを選びがちですが、風邪のときこそお肉を食べた方がいいといわれる説もあります。お肉のなかでもオススメなのが鶏肉です。鶏肉には風邪に対抗する栄養素がたっぷりと含まれています。

ビタミンA

鶏肉には豚肉の7倍ものビタミンAが含まれています。ビタミンAは弱った粘膜を強くする働きがあり、風邪をひく原因菌やウイルスの侵入を防ぎ、外に排除してくれるため風邪の予防や改善に高い効果があります。

タンパク質

鶏肉 タンパク質鶏肉は動物性タンパク質がたっぷり含まれています。タンパク質は体温を上げてくれるため、免疫細胞が活性化してウイルスに強くなりますし、体温の上昇効果によりウイルスをやっつけてくれます。

鶏肉は低カロリーでダイエットに効果的だった!

鶏肉 ダイエット
鶏肉は低カロリーかつタンパク質がたっぷりなので摂取カロリーを抑えながら基礎代謝を上げられます。そのためダイエットにとても効果的です。

脂肪分ナシ

鶏肉 脂肪鶏肉は豚肉や牛肉に比べて圧倒的に低脂肪です。特に脂肪分のすくないささみで比較すると豚バラ肉は100gあたり40gの脂質を含むのにくらべ、ささみはなんと0.8g。なのにタンパク質の量は豚肉よりもささみの方が多いのでダイエットに最適です。

糖質ゼロ

ダイエット中、気になる糖質。糖質は体内でエネルギー源となる成分ですが、摂取しすぎると中性脂肪にかわってしまいます。糖質を制限すると体内の脂肪が分解されてエネルギーとして使われるようになるのでダイエット効果があるんですね。

鶏肉はこの糖質もとても低いです。そのため、糖質制限ダイエットに主食として取り入れるのにもぴったりです。

疲労回復にも効果的!

鶏肉に含まれれるイミダゾールジペプチドという成分には疲労回復や抗酸化作用があります。また、ビタミン類も豊富に含まれているのでダイエットで疲れてしまった体や頭を回復できます。

イライラするな~と感じるときは疲れている証拠。積極的に鶏肉を食べましょう。

鶏肉のコラーゲンを効果的に摂る方法を紹介!

鶏肉 コラーゲン
鶏肉に含まれる嬉しい成分がコラーゲンです。コラーゲンは肌にハリを与えるため、女性にとって欠かせない成分です。鶏肉にはこのコラーゲンもたっぷりと含まれています。

手羽先が一番

鶏肉 手羽先鶏肉の部位のなかで最もコラーゲンが多く含まれているのは手羽先です。三大美女の一人である楊貴妃も手羽先を煮込んだ料理を好んで食べていたといわれています。
 

皮や軟骨も食べる

鶏肉の皮や軟骨もコラーゲンが多く含まれています。なかなか普段の食卓では出しにくい部位ではありますが、中火にカリカリで焼いて塩コショウを振ればおいしい一品が出来上がります。

スープで丸ごと

鶏肉のコラーゲンを余すことなく摂取するならスープにしてしまうのがおすすめ!骨や身に含まれるコラーゲン成分がスープに溶け出すのでたっぷりのコラーゲンをムダなく食べられます。

【材料】
鶏肉スープ鶏手羽(手羽先でも手羽元でもOK):500g~1kg
ネギ(青い部分):1~2本分
ショウガ:1~2片

【作り方】
1.ネギの青い部分はよく洗って、ショウガはスライスしておきましょう。
2.鍋でお湯を沸かして沸騰したら手羽を入れ軽くゆでます。この時に血合いや汚れお取り除きましょう。ゆで汁はすべてすすいで、鍋も洗います。
3.鍋に茹でた手羽、ネギ、ショウガを入れてすべてがかぶるくらい水をたっぷりと入れます。
4.火にかけ、沸騰してきたら永寧にアクをとりましょう。
5.ある程度アクを取ったら火を止め、フタをして鍋gと新聞紙に包んだ上から厚手のバスタオルyやブランケットで包んで段ボール箱に入れてフタをし、数時間放置します。こうすることで保温されるので、じっくりとコラーゲンがスープに抽出されます。

これを朝と晩に2~3日ほど行ってきれいに濾せばコラーゲンスープの完成です。保存容器に移して冷蔵庫に入れましょう。コラーゲンが固まってぷるんぷるんのコラーゲンの素ができます。

食べるときはゼリー状のコラーゲンを取り分けて、レンジで温めればスープになります。薬味を散らしたり、野菜を入れてみたりとアレンジしながら楽しんでください。コラーゲンスープを飲んだ翌日は肌がぷるっぷるになるので驚きますよ。

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す