牛肉料理の王様「すき焼きの食べ方」は?美味しいのは関西風か関東風?

牛肉料理の王様!やっぱりすき焼き!

すき焼きっておいしいですよね。なんであんなにおいしいんでしょう。

すきやき肉通販

鍋を囲んで楽しくワイワイおしゃべりしながら食べるから楽しいというのもありますが、甘い牛肉をさらに甘くして食べることでさらに牛肉の甘みを楽しめるというか。

牛肉の甘みを最大限に引き出して食べられる食べ方がすき焼きですよね。

 地方によっても食べ方の違いがあります。

    【関東】

  • 「割り下」で煮込んでいくような形式
  • ※割り下・・・甘めの醤油タレのようなもの

    【関西】

  • まず牛肉を一枚鉄鍋でジューっと焼く
  • 香りがひきたったら、野菜、砂糖、醤油どを入れる
  • 野菜の水分を使って調理する

すき焼きの前身は江戸時代の「鋤焼き」だそうです。農具の鋤を熱して、その上で肉を焼いていたようです。でもお肉は牛肉ではなく鴨肉鯨肉だったようです。

江戸時代幕末まで、日本は鎖国で”四つ足の生き物は食べるものではない”という文化でだったので肉食の習慣があまり無かったのでしょうか。明治時代に入ると「牛鍋屋」と形を変えて牛肉が使われ始めたようです。

こんな美味しいすき焼きを昔の人は食べられなかったなんて・・・食べるたびに今の時代に生まれて良かったと思っちゃいます。


関東風と関西風は違う?すき焼きの食べ方を比べてみました!

すき焼き 食べ方
牛肉の美味しい食べ方の代表といえばすき焼きですが関東と関西では食べ方が違うってご存知ですか?地域によって違うすき焼きの食べ方を比較してみました。

関東風

すき焼き 食べ方関東風は醤油、みりん、酒、砂糖、だしを使ってつくる割り下を使うのが特徴です。割り下を煮たてた鍋に野菜を入れてから火を通し、後から肉を加えて具材を煮込みながらつくります。

家庭によっては先に肉を焼いてから割り下を入れる場合もあるようです。

関西風

すき焼き 食べ方関西風のすき焼きは肉を牛脂で焼いてから醤油や砂糖で味付けをし、最後に野菜を入れます。野菜から出た水分を使うので水は入れないのが一般的ですが、お酒を入れる場合もあります。

すき焼きの美味しい食べ方とは?卵を付けないのはマナー違反?

すき焼き 食べ方
お肉の旨みを感じられる関西風すき焼きと出汁と一緒に肉と野菜の旨みも楽しめる関東風すき焼きはどちらも違う魅力を楽しめますが、どちらにも共通した食べ方のマナーがあります。

お肉は加熱しすぎない

関東風も、関西風もすき焼きの主役はお肉です。 肉に火を通し過ぎないようにするのがマナー。火が通りすぎてしまうと肉が硬くなってしまいますし、風味も落ちてしまいます。

先に肉を焼く場合は強火で一気に表面を焼くとうまみを閉じ込められますよ。

卵は苦手なら無理しなくてOK

すき焼き 食べ方すき焼きはこってりと濃い味付けの割り下を使いますから、具材を卵につけて食べるのが定番です。しかし、生卵が苦手という方や卵にアレルギーを持つ人は無理に卵を使わなくても大丈夫。少し薄めの味付けにすれば十分おいしく頂けます。

すき焼きの美味しい作り方の動画はこちら!

すき焼き 食べ方
関東風のすき焼きと関西風のすき焼き、どちらも楽しみたいという欲張りな方に作り方を動画と一緒に紹介しちゃいます!動画を見ながらだと作り方の違いが分かりやすいので、家族で食べ比べてみても楽しいですよ。

関東風すき焼き

  1. まず牛脂を鍋にひいて白滝、焼き豆腐、玉ねぎ、しいたけ、春菊の順で鍋に入れていきます。
  2. 野菜の上に牛肉を乗せたら割り下を投入して、煮込んでいきます。

お肉に火を通すのは最後です。軽く火が通ったら火が通りすぎる前に頂きましょう。


関西風すき焼き

  1. まず牛脂を鍋にまんべんなく塗っていき、牛肉を薄く引いて焼いていきます。
  2. 肉1枚ごとに大さじ半分ほどの砂糖、大さじ1杯ほどの醤油を乗せていきます。
  3. 肉が焼けたら溶いた卵につけて頂きます。
  4. もう一度牛脂をひきなおし、白菜、豆腐(焼き豆腐の場合は最後でOK)、しいたけ、ネギの順で入れ、それぞれの具材に砂糖と醤油をかけて味付けをしていきます。
  5. 弱火~中火で具材を裏返しながら火を通し、水分が出てきたらお麩、えのき、こんにゃくをくわえて麩以外の具材には味付けをしていきましょう。

野菜を調理した後にお肉を調理したい場合は野菜の上にフタをするように肉を乗せ、肉に味付けをします。汁が出てきたら強火にして煮立たせ、肉に火が通ったら完成です。

あわせて読みたい関連記事


2014年1月14日 牛肉料理の王様「すき焼きの食べ方」は?美味しいのは関西風か関東風? はコメントを受け付けていません。 すき焼き