牛肉料理の王様!すき焼き

牛肉料理の王様!やっぱりすき焼き!

すき焼きっておいしいですよね。
なんであんなにおいしいんでしょう。

すきやき肉通販

鍋を囲んで楽しくワイワイおしゃべりしながら食べるから楽しい
というのもありますが、甘い牛肉をさらに甘くして食べることで
さらに牛肉の甘みを楽しめるというか。
牛肉の甘みを最大限に引き出して食べられる食べ方がすき焼きですよね。
 地方によっても食べ方の違いがあります。

    【関東】

  • 「割り下」で煮込んでいくような形式
  • ※割り下・・・甘めの醤油タレのようなもの

    【関西】

  • まず牛肉を一枚鉄鍋でジューっと焼く
  • 香りがひきたったら、野菜、砂糖、醤油どを入れる
  • 野菜の水分を使って調理する

すき焼きの前身は江戸時代の「鋤焼き」だそうです。
農具の鋤を熱して、その上で肉を焼いていたようです。
でもお肉は牛肉ではなく鴨肉鯨肉だったようです。

江戸時代幕末まで、日本は鎖国で”四つ足の生き物は食べるものではない”
という文化でだったので肉食の習慣があまり無かったのでしょうか。

明治時代に入ると「牛鍋屋」と形を変えて牛肉が使われ始めたようです。

こんな美味しいすき焼きを昔の人は食べられなかったなんて・・・
食べるたびに今の時代に生まれて良かったと思っちゃいます。

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す